シビルウェディング

ホーム シビルウェディング

これからの結婚式のスタイルを提案します

これまでの結婚式は披露宴が中心的な存在で、挙式(セレモニー)はどちらかというと形だけというケースも少なくありませんでした。しかしここ最近、セレモニーこそが大切だという考えが高まってきています。そんな中、海外挙式や国内挙式、なかでも48,000円からできる「小さな結婚式」で多くの先輩カップルを送り出してきたベルウェディングは、これからの結婚式のカタチとして、シビルウェディングを提唱。今回は、そのセレモニーを司る司式者として「シビルウェディングミニスター」の称号を取得した同社社長、谷崎孝治さんにお話を伺いました。

長年、海外や国内での挙式を数多く手がけておられますが、シビルウェディングに注目された理由は?

ここ何年かは、宗教に拠らない結婚式ということで、全国的に人前式というスタイルが人気だったんですね。香川県でもその例外ではありませんでした。ただ、それはセレモニーのスタイルとして確立されたものではなく、また、司式者も不在のため、儀式としての厳粛さや重みに欠ける面も否めません。宗教に拠らないという長所はそのまま、セレモニーとしての厳粛さや格式を保てる意味で、シビルウェディングは優れているのではないか、そう思ったのです。

ということは、シビルウェディングには司式者が存在する、というわけですね。

そうです。シビルウェディングを司る司式者を、シビルウェディングミニスターと呼びます。

社長もその称号を与えられたとお聞きしていますが、具体的にどのような方でしょうか。

その称号を与えられるのは、一般社団法人全日本ブライダル協会(会長・桂由美)が資格認定した人に限られます。当日の司式を格調高く執り行い、心からの祝福の言葉を贈り、末永く二人の結婚を見守る存在です。

シビルウェディングの基本的なスタイルを教えてください。

事前に婚姻届を提出し、法律上婚姻が認められたお二人を列席者の前で発表するという形式を基本的なスタイルとしています。その際の司式をシビルウェディングミニスターが務め、列席者全員が立会人になります。


婚姻届受理証明書

場所や服装は?

自由です。ガーデンやホワイエ、プールサイド、遊園地などおふたりのウェディングテーマに合う場所や思い出の場所がセレモニー会場に、また挙式スタイルも洋装、和装を問わず、好みのスタイルを選ぶことができます。

これから結婚式を迎えるカップルへ、シビルウェディングミニスターとしてメッセージをお願いします。

シビルウェディングは、これからの新しい結婚のカタチとして私は高く評価しています。列席者全員が結婚を承認して祝福するという人前式の良さはそのまま活かした上で、シビルウェディングミニスターが厳粛に式を執り行います。無宗教ですので、聖書からの引用ではなく、少しだけ人生の先輩としてミニスターがおふたりに祝辞を述べます。だから、心温まるアットホームな雰囲気が保たれ格調高いセレモニーになるのです。ぜひ、シビルウェディングで、おふたりの永遠を誓ってください。

このページの先頭へ